福岡転職情報ブログ

福岡の転職や仕事について考えていることをお届けするブログです

福岡の残業時間が長いのは日が沈むのが遅いからだと思う

スポンサーリンク

福岡の会社で残業代が出ない会社って多いと思います。

 

私が営業や広報系の仕事をしてきたからかもしれません。

 

母数は少ないですが、私の友人でも「みなし残業」とやらの制度でも、規定を超えた時間の残業代が支払われないことがほとんどなようです。

 

最近、「働き方改革」のニュースが流れてきて、

「残業代が少なくなってきて困る」

なんていうインタビュー見ると、

「もらえるだけいいじゃん」

と思ってしまうのは私だけではないはずです。

 

福岡は残業時間長そうなイメージ

福岡でサービス残業をしているサラリーマンのイラスト画像



残業代が出ないだけではなく、残業そのものも長いイメージです。

 

地域の違いよりも会社ごとの違いなんでしょうけれど、なんとなく日が沈むのが遅い地域は残業が長いんじゃないかって。

 

「暗くなったから帰るか」的な文化がまだ残っている気がするんですよ福岡。

 

そもそも、仕事って終わりがないものです。

売上あげるためにできることなんて、いくらでもあるし。

やろうと思えば仕事なんて無限にあるわけで。

 

そんでもって、福岡って

「イチ、二―、サン、ヤー!!」

なわけですよ。

(福岡の人しかわからなくてごめんなさい)

 

みんなで合わせていこう!

気合いで乗り切ればどうにかなる!

 

それでどうにかなっちゃった経験がけっこうあるもんだから、無理を続ける。

 

どうしたらいいもんなんでしょうかね?

 

どうしたら残業が少なくなるか?

トップが残業をなくす決意をする

一番いいのは、会社全体が変わることです。

ただ、強烈なトップがいない限りはなかなか変わらないでしょう。

 

特に中小企業は、特別な強みがない限り「スピード」や「安さ」で勝負しがちです。

 

「スピード」っていうのは、「明日までに必ず仕上げます」といった社員がいるからできることだったります。

 

「安さ」は、人件費が安い(残業代払っていない)から可能だったりします。

 

残業を少なくして、売上や利益を落とさないということに、本気でチャレンジしてる経営者ってまだ少ない印象です。

 

自分だけ残業しない

次は、自分だけ残業しないという選択肢です。

 

自分だけ残業しないのは、よく思われません。

「みんな頑張ってるのにアイツは」ってなります。

しかも、自分が残業しなかった分、誰かがその分しないといけない感じだとキツイ。

 

誰が見ても圧倒的な結果を残すか、何か言われても動じない強い精神力を持つか。

 

なかなか難しいところです。

 

また、前時代的な職場であれば、上司からの評価が下がる可能性もあります。

「家族的」と言われる職場ほど、こういった傾向がありそうです。

 

結構、キャラが立ってしまえばできないこともないんです。

「ムカつくけどアイツがいないと仕事が回らないポジション」とか、

「早く帰るけどアイディアがすごくて、彼の企画で会社が救われたことがある」とか、

「共働きの奥さんがいて、帰らないと家庭内が戦争状態になる」とかです。

 

ただ、やっぱり若手がそのキャラを作り上げるには時間がかかります。

 

残業がない職場、残業代がでる職場に転職する

現実、個人で対応できる策としては「転職」が一番だと思います。

 

ただね。

少ないと思う。

福岡で残業がほとんどないとか、残業代が満額出る会社って。

 

まず、自分自身がそういう会社に入れるほどスペックが高いかっていう話。

優秀な人たちが集まって、効率的に仕事してるから、残業が少なかったり、残業代が出てるっていう側面もあるはず。

 

今いる職場でキャリアを積みながら転職のチャンスを狙う

よくないのは、転職すれば全てが変わると思って、勢いで今の会社を辞めてしまうこと。

 

辞めたときに、たまたま自分に合う求人が見つかって、面接もうまくいって空白期間がほとんどないまま次の仕事に就く可能性もあります。

 

しかし、生活費が足りなくなって、とりあえず採用してもらえそうなところに転職するという可能性もあるのです。

 

それではまた残業が多くて給料が安い会社に勤めることになるかもしれません。

 

採用をしている企業は、求職者に合わせて夜や土曜日に面接をしてくれることもあります。

 

しんどいかもしれませんが、今の会社で頑張りながら転職サイトに登録してみるのがいいと思いますよ。

 

それでは。