自宅墓.com

自宅墓や終活のことについて書いていきます

福井市の市営墓地が使用者不明で雑草だらけに感じること

自宅墓.comです。

 

こんなニュースを見つけました。

 

福井市営霊園が使用者わからず、雑草生え放題

誰の墓地?雑草生え放題…使用者の特定わずか1割 福井市、調査完了は8年後(福井新聞ONLINE) - Yahoo!ニュース

news.yahoo.co.jp

 

 福井県福井市が管理する西墓地と東山墓地、兎越山墓地で、既に使用者が不明となっている約2300区画を含めた全7205区画についての再調査が難航している。墓を管理する親族が亡くなっていたり、転居先が分からなくなっていたりして管理されず、雑草が生え放題になることなどが問題となっている。現時点で確認作業は1割を終えただけで、福井市公園課の目算では作業完了は2029年ごろになるという。

 同課によると、西墓地は1959年、東山墓地は78年、兎越山墓地は2007年に整備された。合わせて1万4090区画あり、寺社所有分を除く7205区画を市が管理している。

 遺族らに管理されていない墓地は、雑草などが生え放題となり、隣接する墓地の使用者から苦情が市に寄せられている。しかし使用者と連絡が取れないため対応できず、放置されるなど問題になっている。

 

福井の方はご先祖を大事にするイメージがあります。

不思議な気がしました。

 

おそらく行政の問題です。

ほとんどの自治体では、無縁墓にならないように何重もの予防策をしています。

 

まず、申し込み時に継承者がいない人は申し込みできないケースが多いです。

そして継承者の住所や連絡先も入力します。

そうすれば、少なくともも次の代までは管理者がわかります。 

そして名義変更の際も次の継承者を必ず決めてもらい氏名・住所・連絡先を記入してもらいます。 

次の代の管理者までセットにしておくことがポイントです。

 

次に、管理料を毎年徴収して、滞納者には連絡します。

使用者が亡くなっていれば、名義変更をするように促します。

親が市営霊園の権利を持っていても、子が知らないことは多いです。

市は管理料の滞納があれば異変に気付き、継承者に連絡します。

毎年チェックポイントを作っておくことが大事です。

 

規約に雑草のことを書いていて、雑草が生えていると連絡をするという自治体もあります。

 

記事の写真見ましたが、雑草ひどい状態です。

まわりの人も迷惑でしょうね。

 

こんなニュースが頻繁に流れると、お墓を建てるのやめようかなって人も増えるはずです。

 

困りましたね。

 

それでは。