自宅墓.com

自宅墓や終活のことについて書いていきます

キリスト教の手元供養にステンドグラス写真立て付きの自宅墓(宅墓)がオススメ

自宅墓.comです。

 

日本では、キリスト教の方の霊園の区画は少なく、また、協会に墓地がないことがほとんどです。

 

霊園の一画に共同墓があるケースも多いです。

 

キリスト教の手元供養におすすめの「おくぼ」

・故人を身近に感じていたい

・お墓に多額の費用をかけることができない

といったことから、手元供養が人気になってきていますが、キリスト教専用の手元供養はあまりみかけません。

 

そんな中、ステンドグラスの写真立てが綺麗な自宅墓を見つけました。

キリスト教の教会といえばステンドグラスというイメージがあります。

そのステンドグラスを使った手元供養ということで、キリスト教の方にオススメできるのではないかと考えました。

 

キリスト教にオススメの手元供養「うちぼ」の写真1

キリスト教にオススメの手元供養「うちぼ」の写真2

キリスト教にオススメの手元供養「うちぼ」の写真3

キリスト教にオススメの手元供養「うちぼ」の写真4


このステンドグラスの写真立ての後ろ側に御影石のミニ墓石があって、その中にミニ骨壺が入ります。

お部屋で供養していても、まったく違和感を感じません。

 

価格は8万円(税込・送料込)

 

永代供養付きのプランもあって安心です。

(永代供養付きプランは148,000円)

 

永代供養をしてくれる寺院は、宗旨宗派問わずなので、キリスト教でも大丈夫です。

 

気になる方は、自宅墓「おくぼ」の公式ホームページを貼っておきますので、ご覧ください。

 

永代供養がつけられる自宅墓「おくぼ」公式ホームページ

 

それでは。