葬式・終活ニュース

葬式や終活のニュースについてお知らせします。

小さなお葬式の依頼件数が15万件を突破!定額葬儀が全国に広がる

スポンサーリンク

定額で追加料金なし、全国対応の葬式で有名な「小さなお葬式」の依頼件数が15万件を突破しました。

 

「小さなお葬式」の依頼件数が15万件を突破! 2017年度の葬儀受注件数において葬儀業界No.1

小さなお葬式公式ホームページより

葬儀の不透明さに疑問を持ち、内容と価格を徹底的に見直したことで生まれたのが、葬儀に必要な物品・サービスを含んだ「小さなお葬式」の葬儀プランです。葬儀費用を安くしたい、お葬式にお呼びする人が少ないため小規模に葬儀を行いたい、という方のニーズに合った、「家族葬」中心のプランを展開しています。
「小さなお葬式」の定額・低価格のお葬式プランは、多くのお客様から支持され、サービス開始から累計15万件のご依頼をいただき、2017年度には葬儀受注件数で業界No.1を獲得しました。また、ご利用いただいたお客様のうち、93.4%の方から「満足のいく内容」との高い評価をいただいております。
このたび、お客様からの日頃のご愛顧に感謝し、「選べる!おもてなしキャンペーン」を実施することにいたしました。
これからも葬儀業界のスタンダードとなるべく、確かな信頼と実績でより良い葬儀サービスを提供し続けることが、われわれの使命であると考えております。

 

小さなお葬式は、900社の葬儀社と提携。

全国4,000以上の葬儀場で葬式をすることができます。

 

年間で約12万件の問い合わせがあり、多くの人が興味を持っていることがわかります。

 

小さなお葬式に寄せられる声

高齢だから葬儀・葬式は小さくていい

日本人の平均寿命は年々延びており、2016年の日本人の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳です。(厚生労働省の調査)

 

高齢のため、知人もすでに亡くなっている。足腰が悪く参列できない。

といったことも多く、大規模な葬儀をしなくてもよいという声があります。

 

介護や看護の費用がかかり、葬式の費用は抑えたいという本音

平均寿命は延びているものの、健康寿命との差は問題になっています。

 

平均寿命と健康寿命を知っていますか? | 1からわかるロコモ 基礎知識編 | 大正富山医薬品株式会社

私たちの寿命は延び続け、今では“人生90年”に手が届こうとしています。しかし一方で、自立した生活を送れる期間「健康寿命」が、平均寿命より男性は約9年、女性は約12年も短いことが分かりました。これは支援や介護を必要とする期間が、平均で9~12年もあるということです。長い人生、いつまでも元気に過ごすためには「健康寿命」を延ばすことが必要なのです。

 

医療の進歩により寿命は延びたものの、支援や介護が必要となる期間が昔よりも長くなりました。

その期間の金銭的な負担が増えたことにより、葬儀に大きなお金を使えないという状況になっている人も多いでしょう。

 

年間志望者数は年々増加

年間死亡者数は年々増加しており、2014年には戦後最多の約127万人を超えています。

2040年には死亡者数は約170万人に達すると試算されていて、今後も「小さなお葬式」は依頼件数を増やしていくことが予想されます。

 

「小さなお葬式」で葬式をされた人の声

 

 

小さなお葬式を利用した人の満足度は高いようです。

 

小さなお葬式のことを詳しく書いている記事

小さなお葬式の評判・口コミを終活カウンセラーが正直に書く! - きみと終活とわたし

www.shuukatsu.blog

 

終活カウンセラーが「小さなお葬式」について詳しく書いている記事です。

評判や口コミ、料金プランや早割など、この記事を読めば「小さなお葬式」のことがわかります。