きみしゅう

なんでもないことや、心の叫びをお伝えします。

「えがないえほん」がめざましテレビで紹介

スポンサーリンク

「えがないえほん」【早川書房】B・J・ノヴァク/著 大友 剛/訳

「えがないえほん」がめざましテレビ(11/21)「ココ調」で紹介されました。

めざましテレビで放送されるとすぐ売り切れるかもしれません。

 

▼Amazon (アマゾン)

えがないえほん

えがないえほん

 

 

▼楽天ブックス

 

 

藤井アナが笑っていますね。

 

「こどもが絶対に笑う本」とのこと。

 

2014年にアメリカで発表されると70万部を超えるベストセラーになったそうです!!

 

ガジェット通信さんに本の中身が少し掲載されています。

getnews.jp

 

訳者の大友 剛さんが「えがないえほん」を読み聞かせをしているユーチューブがこちら


子どもが絶対にわらう本!?『えがないえほん』読み聞かせ

 

なぜ子どもが笑うのか?

放送とユーチューブを観て感じたのは、大人が絵本の決まり事を守ってほんろうされる姿がおもしろいからではないでしょうか?

 

いつもはしっかりしている先生や親が、絵本に書いているヘンテコなことをルールに従って読まなくてはいけないところに笑いのツボがあるように感じます。

 

f:id:mr_kuyou:20171121093602j:plain

 

字の大きさが違い、絵がなくても変化に富んでいるのもわかります。

 

f:id:mr_kuyou:20171121093628j:plain

 

「かえるのうたがきこえてくるよ」と読みながら、

そのあとに「にゃんにゃん ちゅうちゅう め~め~ ぶひぶひ コケコッコー」

と続いたり、

 

こどもが好きな「おならぷ~」なんかもありますね。

 

あかちゃんへの効果は未知数?

ある程度、規則・お約束がわかっている年齢でないとおもしろくない可能性はありそうです。

あかちゃんが泣いたときに効果があるかも知りたいところではあります。

 

それでも

こどもの笑顔がみたい親にとって、「絶対に笑う」と聞いたら気になってしまいますよね。 

 

絵がない分、大人の力量が試されます!

 

絵に任せていた想像力を表現でカバーしなくてはなりません。

 

こどものために大人が本気になるところがおもしろいのかも??

 

▼Amazon(アマゾン) 

えがないえほん

えがないえほん

 

 

ほかにも子どもが笑う絵本

毎日のように二人の子どもに読み聞かせしている私のおすすめは、「だるまさんが」シリーズです。

 

だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット)

だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット)

 

 

鉄板です。

1,000日以上、200冊以上の絵本を読み聞かせたなかで一番です。

www.kimishuu.com

 

それでは。