きみしゅう

なんでもないことや、心の叫びをお伝えします。

もみの木のクリスマスツリーを自宅に!【方法・値段・注意点】

スポンサーリンク

Mr.Kuyouです。

 

クリスマスに向け、もみの木を自宅の外に鉢植えし、飾りました。

 

子どもが喜びましたよ。

 

もみの木を鉢植え・飾りつけする方法

購入

ネットでも売っていますが、枝ぶりが見たかったので植木屋さん・ホームセンターに。

 

本物のもみの木は一つしかありませんでした。

 

「ゴールドクレスト」や「トウヒ」という種類はいくつか数がありましたが、もみの木は一つだったのですぐ決めました。

 

取り置きしてもらい後日受け取りに。

f:id:mr_kuyou:20171124000414j:plain

 

高さが1m30㎝でしたので、車にも入ります。

 

鉢植え

もみの木は地植えすると数十メートルまで成長することがあるとのことなので、庭に直接植えるのは辞めました。

 

根っこの部分の直径は30㎝くらい。

鉢は70㎝のものを購入しました。

 

底石を詰めて、土を入れて、高さを合わして。

f:id:mr_kuyou:20171124001350j:plain

f:id:mr_kuyou:20171124001534j:plain

f:id:mr_kuyou:20171124001625j:plain

 

高さが合ったら、4方向全ての中心に枝の中心がくるように。

垂直に枝が伸びるように調整してから、再び土を入れていきます。

 

f:id:mr_kuyou:20171124001835j:plain

 

完成っ!

 

根っこに巻いていた不織布を取るのが大変だったので、一人より二人でやることをおすすめします。

 

土は3袋使いました。

鉢に入れた高さは1m50㎝。

 

飾り・イルミネーション

飾りはダイソーで

f:id:mr_kuyou:20171124002159j:plain

ダイソーのデコレーションは数もたくさんありました。

そして、安いっ!!

全部100円です。

 

イルミネーションはAmazonで

 

イルミネーションは10mのものにしましたが、20mでもよかったかもしれません。

ソーラーパネルで充電し光ります。

ledの発光パターンも多くあり、よかったですよ。

 

 

先に、イルミネーションを巻いてから

 

子どもたちもいっしょに飾りつけ

f:id:mr_kuyou:20171124003517j:plain

 

出来上がり!

 

f:id:mr_kuyou:20171124003609j:plain

 

夜はこんな感じです。

 

f:id:mr_kuyou:20171124003828g:plain

 

子どものためにしましたが、大人も楽しめました。

 

もみの木のクリスマスツリーにかかった金額(値段)

もみの木 : 5,500円

底石・土 : 1,500円

鉢    : 7,600円

飾り   : 1,080円

イルミ  : 1,500円

 

合計   : 17,180円

 

鉢が一番高かったです。

消耗品はないので、来年からは安く済みそうです。

 

もみの木の注意点

植木屋さんに聞いたところ、もみの木は育てるのが難しいそうです。

水をあげ過ぎると根腐れし、水を切らすと枯れる。

寒さに強く、暑さに弱いので、夏場は直射日光が当たり過ぎないようにとのことです。

 

もみの木を鉢植えをしてみての感想

そんなに難しくはありませんでした。

育てることが難しそうですが、命を大事に、家族で欠かさず水やりしていきます。

 

それでは。