きみしゅう

なんでもないことや、心の叫びをお伝えします。

【ボクたちはみんな大人になれなかった】は既婚男性のリトマス試験紙

スポンサーリンク

Mr.Kuyouです。

 

2か月前、ブログを始めると同時に、Twitterも始めたんです。

今も使い方よくわかっていませんが。

 

燃え殻(@Pirate_Radio_ )さんの、

『ボクたちはみんな大人になれなかった』が、

「売り切れてる」とか、「とてもよかった」というつぶやきを多く見かけたので、買ってみました。

 

f:id:mr_kuyou:20170815014506j:plain

 

ブログをちょっと書いてみただけで、文章を書くということの大変さがわかったので、人様の書いたものに何か言うのもどうかという気持ちもありますが、せっかくブログを始めたので【書評】というのもしてみたかったのでお許しください。

 

感想

仕事の待ち時間で読んで、続きを家で読まなかった。

 

私、読み始めたら一気に読まずにはいられないのです。

ところが、今回は買ってから仕事の合間の待ち時間の細切れで読みました。

買ってから、2週間くらい経ってました。

 

私にはそこまで面白くなかったんです。

 

ちょっと悩みました。

 

「私って、感受性ないのかな?」

 

「Twitterの感想って本音って感じなのに、自分ってズレてるのかな?」

 

「世代も40代前後で、東京でも働いていたことがある私にはハマる設定なのに?」

 

といった感じで。

 

 

それで、よくよく考えてみたんです。

 

この物語は、若い時に、

「キミは大丈夫だよ、おもしろいもん」

と言ってくれた元カノの言葉が、どこか自分の拠り所のようになっているという軸があり、話が展開していきます。

 

toyokeizai.net

 ▲この記事の雰囲気です。

 

元カノに関わらず、大事な人の何気ない一言に救われることってあると思います。

ずっと憶えていたり、 その一言が自分の信念を形作っていくこともあります。

 

そんな体験をした人には、ドはまりするのではないでしょうか?

 

つまり、私は妻と出会う前に付き合っていた人に、そんなに強烈な影響を受けていなかったということか、影響を受けていながらも、それをその人のおかげと認識していない大馬鹿野郎なのです。

 

 

もしも・・・

さらに考え、もしも、妻に別れを告げられ離婚してしまった後に読んだとしたら・・・。

 

この本、めっちゃ響くやろうなぁ

 

と思ったのでした。

 

仕事で悩んでいるときに、

「私が選んだ男なんやけん、大丈夫」

と言ってくれる妻。

 

どん兵衛の「あとのせサクサク」を間違って「さきのせベチョベチョ」にしてしまった妻。

 

もし、別れてしまったら、

仕事で悩むたびに言われたこと思い出すし、

コンビニでどん兵衛見たら切なくなる自信ありますもん。

 

 

と、いうことで、

既婚男性で、コレ読んであんまり共感できなかった人は、今の結婚生活が幸せってことで!!

(世の奥様。旦那が読んでてイイと言ってたら、元カノに未練があるかもですよ。)

 

ボクたちはみんな大人になれなかった

ボクたちはみんな大人になれなかった

 

 

これで今度、飲み会行くとき、お小遣いくれるかな??